2008年12月02日

厚生年金の標準報酬月額改ざんが問題

厚生年金の標準報酬月額改ざんが問題になっている。

問題の根の深さを物語る証言がまた出てきた。
舛添要一厚生労働相の調査委員会による調査によると、その改ざん手口が次々と浮かび上がってきたのだ。

「診療報酬明細書(レセプト)の特別管理表があった」「白紙の書類に社判を押させた」などと社会保険事務所職員が調査委員会の中で証言したのだ。

社会保険庁はこれまで職員による改ざんを1件しか認めていなかったのだが組織ぐるみの犯行が明るみに出てきた。

社会保険庁は近く解体されるそうだが、その後を引き継ぐ組織には、現職員がほとんどスライドして業務に当たるそうな。

看板の架け替えで済む問題ではない。


同じカテゴリー(日記)の記事
 被災自動車の廃車手続きの方法は? (2011-04-13 14:00)
 計画停電の嘘、東電の自己保身 (2011-04-13 12:00)
 花より原発・・・ (2011-04-13 10:36)
 大槻町の一部が町名変更に (2010-11-12 09:33)
 落雷でひかり電話が壊れた… (2010-08-27 17:13)
 パソコンが猛暑日 (2010-07-20 19:49)

Posted by kootarou at 13:50 │日記