2009年02月19日

「必殺仕事人」の主題歌に注目!

必殺仕事人といえば、30年以上続く時代劇の代名詞的存在。

去年から東山紀之主演で復活したが、視聴率が思いのほか高く、3月末までの予定だった放送を6月まで延長することが決定された。
「必殺仕事人 2009」は17年ぶりに連続ドラマとして復活。
東山は、藤田まこと演じる主水と同じ南町奉行所勤務の見回り同心・渡辺小五郎役、松岡は絵師でもある経師(きょうじ)屋の涼次役、そして大倉が、からくり屋の源太役を演じている。

また、主題歌の「鏡花水月」が、2/3付デイリーシングルランキングで初登場1位を記録した。

「鏡花水月」は、出演している東山紀之、松岡昌宏、大倉忠義のスペシャルユニット・The SHIGOTONINが歌っている。
作詞はKinKi Kidsの「Secret Code」や中島美嘉の「雪の華」などを手掛けたSatomiが手がけた。

必殺シリーズはここ何年も再放送すらしなかったので、PTAが教育に悪いと苦情をよこしたのだろうと思っていたが、再評価されたようでうれしい限りだ。  
タグ :必殺仕事人


Posted by kootarou at 18:05日記

2009年02月18日

ペットの方がお父さんより上?

この不況でお小遣いを減らされたというお父さんは多いと思うが、逆にペットに使う費用は増えているというアンケート結果が出た。

アニコム損害保険が行った「ペットにかける年間費用について」という調査の結果によると、犬猫ともに年間支出が前年を20%以上も増加していた。

年間の平均合計支出は、犬が24万8000円、猫が12万8000円となっていて、月に換算すると12000円と6000円。
特に「フード・おやつ」や「病気やケガの治療費」に関する費用が増加傾向にある。

また、ペットの「健康と食」に対する意識も高まっており、「ワクチン・健康診断等の予防費」「病気やケガの治療費」「シャンプー・カット・トリミング費」など、健康に関連する費用についても上昇傾向が見られる。
人間が病院に行くのを我慢するのとは対照的だ。

子供の教育費とペットにかかる費用は増える一方なら、おそらくそれに伴いお父さんの小遣いは減る一方だろう。
父親の受難はまだ当分続きそうだ。  
タグ :ペット


Posted by kootarou at 16:34日記

2009年02月14日

なぜ?占いに駆け込む男性急増

占いといえば、女性の専売と思われていたが、最近では男性が占い師のもとを訪れることが増えているのだそうだ。

不況が本格化してきた昨年10月ごろから、「就職活動がうまくいかない」「正社員になりたい」といった若者からの相談が増えている。
また、若者ばかりではなく、中小企業の経営者からも資金繰りの悩みを打ち明けられることが多くなってきているそうだ。

男性の場合、同僚や家族にも相談できず、一人で抱え込む人が多い。
そうった人たちが、すがる思いで占い師を尋ねるのだろう。  


Posted by kootarou at 10:01日記

2009年02月12日

ダイエットには不向きかも?高級バナナが大人気

去年朝バナナダイエットが大ブレイクし、再評価されているバナナ。
一時期は店頭から消えるほどの過熱ぶりだった。

最近、沈静化したと思われていた熱狂が、高級バナナというジャンルで再燃してるという。
東京都中央卸売市場によると、昨年12月の輸入バナナの取扱量は前年同月比32%増えた。

高級バナナとして人気を集めているのは、「スウィーティオ」や「ラカタン」といった品種。
味にこだわる消費者が、この不況の中でも購入しているという。

スウィーティオは日本人の好みに合わせて開発された品種で、甘みが強く、もっちりとした食感が特徴。ラカタンはさっぱりした酸味がある。

通常なら、特売で1房100円程度の値段で売られているが、高級バナナともなれば、298~350円で売りだされている。

みんな、ダイエットよりも味を重視するということか?  


Posted by kootarou at 18:08日記

2009年02月11日

ホワイトデーにねだられる?ティファニー値下げ

バレンタインにホワイトデーのプレゼントといつもなら気分が高揚するはずの季節。

円高で輸出企業の業績が悪化して気分はブルーなのだが、悪いことばかりではない。

輸入品は安くなるからだ。
というわけで、スーパーなどはいち早く円高還元セールを行っているが、
ティファニーも値下げすることになった。

国内で販売するほぼ全製品の価格を11日から平均約9%引き下げるそうだ。
円高による値下げ率としては、過去最大規模。
それだけ今回の円高が進んでいるということか?

ティファニーの11月と12月の売上高は米国で前年同月比約3割減となる中で、日本では同5%増と伸ばしている。
昨年11月にも国内での販売価格を平均約6%引き下げたことが効いているのかもしれない。

更に連続の値引きになるので、高嶺の花だったティファニーにも手が届きやすくなりそうだ。
バレンタインもそうだが、男性に待っているホワイトデーのお返しにはティファニーのプレゼントをねだられるかも?

SmackyGlam(スマッキーグラム)のシュシュを通販
SmackyGlam(スマッキーグラム)のバッグを通販
SmackyGlam(スマッキーグラム)のコートを通販
SmackyGlam(スマッキーグラム)のニットワンピースを通販  


Posted by kootarou at 13:23日記

2009年02月10日

城下町会津落城?!スパンション・ジャパンが会社更生法を申請

福島県人にとって、衝撃のニュースが飛び込んできた。

会津若松市に工場がある米半導体メーカーの日本法人「スパンション ジャパン」(川崎市川崎区)が10日、東京地裁に会社更生法の適用を申請したというのだ。

帝国データバンクによると、世界同時不況の中、設備投資や研究開発投資が重荷になり、業績が著しく悪化したそうだ。
負債額は約741億円。
この金額は、製造業としては今年最大規模となり、日本綜合地所(負債額約1975億円)に次いで今年2番目の大型倒産となる。

会津の工場では、携帯電話などに使われるNOR型フラッシュメモリーを生産してた。
親会社の米スパンションには富士通の半導体子会社、富士通マイクロエレクトロニクスが11・4%出資している。

会津若松市は、富士通の城下町といえる存在で、人口のうちかなりの人数が富士通の工場とかかわりがある。
富士通は先日、国内工場の再編成を発表したばかりで、まだその嵐がおさまらないなかの衝撃発表だ。

会津のこれからは一体どうなる?  


Posted by kootarou at 19:09日記

2009年02月09日

B級グルメの王者「厚木シロコロホルモン」

外食を控える人が多いためか、飲食店の廃業が増えている。
とはいっても、逆に売り上げを増やしているジャンルもある。

その一つが「ホルモン焼き」。
普通の焼き肉に比べて2~3割安いのが魅力だ。

昔は、おじさんの食べ物というイメージがあったが、今では若い女性にも抵抗なく受け入れられている。
カルビなどと比較してもヘルシーだし、コラーゲンもたっぷりで美容にもいい。

そんな中、今一番の注目は、前回のB-1グランプリの頂点に立った、「厚木シロコロホルモン」。
豚の大腸を裏返したもので、日本でも厚木でしか食べられないものだ。

元気のない世の中にあっても、ホルモン焼きを食べて元気を出そう!  


Posted by kootarou at 14:10日記

2009年02月06日

個人輸入代行のトラブル増加中

以前、円高が進んだとき、個人輸入がブームになった。
その時も日本では未認可の医薬品で体調不良を起こすという事故が相次いだ気がしたのだが、また同じようなトラブルが起こってるらしい。

個人輸入代行の業者が解約・返品対応しなというトラブルが増加していると国民生活センターが発表した。

主に、海外から輸入代行業者を通じて商品を輸入するときのトラブルが増えているそうだ。

クレームの内容としては、商品が届かない、解約や返金に業者が応じないといった内容が多い。
そのほか、国内未承認の医薬品成分が入った健康食品を食べて体調を崩すというケースもある。

国民生活センターに寄せられる相談件数は、2003年4月~08年12月で計580件に上り、それ以降増え続け、05年度は101件、06年度144件、07年度166件となっている。

トラブルの例として、輸入代行業者を通して約50万円の化粧品の購入を申し込んだ女性が、その後、解約したいと代行業者に連絡したところ「こちらは手続きを代行しただけ。海外の販売業者に直接連絡してほしい」と言われたそうだ。

また、解約・返品や商品の未着といったケースでは、代行業者が対応を断るケースが多いらしい。
そうなると購入者が直接、製造・販売業者と交渉せざるを得ないが、言語や時差の壁があり難しいのが実情だ。

「個人輸入代行サービスに関する法規制は未整備で、トラブルが起きると解決は難しい。利用は慎重にしてほしい」と同センターは注意を促している。   
タグ :個人輸入


Posted by kootarou at 11:21日記

2009年02月05日

たい焼きは不況に強い…?

不況時には粉モノが強いという伝説がある。

たこ焼きやお好み焼きがよく売れるようになるからだそうが、去年は小麦価格の高騰で青色吐息だったらしい。

ところで、地元を歩いてみると去年からたい焼き屋のオープンが多い。

広いスペースは必要でなく、道具をそろえれば少しの練習で開店できるようになるので、開業を志す人が増えているらしい。

たしかに、外食費が削減されがちな中、手軽なおやつとして、安いたい焼きなら・・・という人は多いのだろう。

隣の市では、50円のミニたい焼きを販売して女性などに非常に好評なお店がある。

こどもがいる家庭なら、たい焼き器があってもいいだろう。

そんなに高いものでもなし、団欒のアイテムとして役立ってくれるだろう。  
タグ :たい焼き


Posted by kootarou at 11:05日記

2009年02月02日

味噌スイーツを味わってみる?

去年は塩チョコや塩キャラメルなどの塩スイーツが大ヒットしていた。
花畑牧場の生キャラメルもその一環かもしれない。

そして今年は、塩に続いて味噌がブームになりそうだ。

長野県佐久市にある信州味噌の老舗「和泉屋商店」がは昨夏発売した「味噌マカロン」は製造が追いつかないほどの人気を博し、

茨城県日立市にある、味噌カフェ「みずきの庄」の看板メニュー「みそプリン」も売り切れ続出だとか。
チーズのような濃厚なコクと滑らかな舌触りが特徴らしく、ぜひ一度食べてみたい。

味噌には健康にいい成分が多く含まれていて、味噌汁を毎日飲む人は、がんになる確率が下がるという研究も新聞に載っていたような気がする。

食べれば健康になる、というわけではないだろうが、気分の問題か?  


Posted by kootarou at 16:11日記

2009年02月02日

シャンピニオンエキスに消臭効果はなかった?!

消臭効果成分として、かなり以前から宣伝されていたのが「シャンピニオンエキス」
新聞や雑誌などにしょっちゅう取り上げられていたので、効果があるものと思い込んでいたが、
公正取引委員会が「消臭効果が得られるかのように表示しながら、根拠を示せなかった」として、
健康食品の製造販売業者ら7社の景品表示法違反(優良誤認)を認定し、再発防止を求める排除命令を出した。
公取委は実験データなどの提出を受け、消臭効果に合理的な根拠とは認定できないと判断した。

ディーエイチシー
健康の杜
グリーンハウス
ベンチャーバンク
協和
デイ・シー・エス
原沢製薬工業 の7社。

この、7社は同じ納入業者の説明をうのみにしたらしい。

現代人、特に日本人は外国人に比べて体臭に敏感なので、消臭効果をうたったサプリメントは結構な売り上げがあったはず。
安全性や健康に問題はないにせよ、以前の「あるある大辞典」問題の再現のような状況に、起業の管理体制が問われそうだ。  


Posted by kootarou at 14:08日記